「教育ネットひむか」について

宮崎県教育情報通信ネットワーク「教育ネットひむか」について

 「教育ネットひむか」は、学校等の教育機関が、安全にインターネットを利用する目的で、整備を進めてまいりました教育情報通信ネットワークです。

 現在、学校では、子どもたちが自由にインターネットを活用して、さまざまな情報を収集し、発信する授業研究が盛んに行われています。これから予想される高度情報通信社会をたくましく生き抜く子どもたちを育てるためには、インターネットに慣れ親しむことを通して、情報活用等の基礎的な資質や能力を育成する必要があります。そのためには、子どもたちが、いつでも、どこでも、インターネットを活用して自主的・主体的に学習等に取り組むことが望まれます。

 しかし、インターネット上には、わいせつ画像などの違法・有害な情報もあり、必ずしも教育に役に立つものばかりではありません。また、インターネットでは、情報の送受信が容易であるため、著作権やプライバシー保護について、子どもたちに正しく理解させる必要があります。そこで、県教育委員会では、インターネットにかかわる多くの課題に積極的に取り組み、21世紀を担う子どもたちを育成するために、教育情報通信ネットワーク「教育ネットひむか」を教育研修センター内で管理・運営しています。


 

1 違法・有害な情報への対応

 インターネットに接続している人すべてが有益な情報を提供しているわけではありません。流通している情報の中には、教育上不適切なものも多く含まれています。そこで、フィルタリングシステムを設置することにより安全にインターネットが利用できます。
 

   


 

2 利用内容

インターネット接続サービスの他、下記の利用ができます。

  ア 学校や教育機関等のホームページの開設

  イ 電子メールの利用

  ウ 電子掲示板、電子会議が利用

  エ 教育用データベース等の利用


 
 
○ホームページの開設
 学校紹介や学習活動の報告、地域での活動の様子をホームページにまとめて世界に向けて発信できます。

○電子メールの利用
 学校、教育機関、および希望教育関係職員にメールアカウントを発行します。

 世界中の人々と電子メールを交わしながら学習を進めることができます。
 同じ課題に取り組む人同士で電子メールを共有するメーリングリストのサービスも行います。

 

○テレビ会議の利用
 

○教育用データベース
 学習に役立つ情報および各種教育情報資料を電子化し、ネット上で自由に検索できるようにします。
 また、県下の有益な学習および教育情報を随時蓄積していきます。

 


3 システムの概要について

 平成14年9月1日より、「教育ネットひむか」はブロードバンド化整備が完了し、下図のように各教育機関からは、専用線、フレッツ回線、地域イントラネットから、「宮崎県情報ハイウェイ21」を経由して「教育ネットひむか」に接続することになりました。そして、平成24年1月1日に新教育ネットひむかが稼働開始しました。